スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロペテギ就任会見~スペイン代表監督解任の真相は藪の中

レアルマドリード
スポンサーリンク

世界最高のクラブへようこそ。

 

関連記事:ロペテギがジダンの後任としてレアルマドリーの監督に就任、直後にスペイン代表監督を解任…ワイも失神しそうジダン退任特別コラム:英雄との別れ、断ち切れなかった「信頼」という名の絆

 

 


 

W杯開幕戦ロシア対サウジアラビアで世間は盛り上がっていたのかもしれないが、スペインではこのタイミングで元代表監督のロペテギ就任会見という事で、こちらの方が注目されていたようだ。

ちなみにロシア対サウジはチェリシェフがゴラッソ2発決めて、5-0でロシアが大勝するというお笑い試合であった。サウジアラビアも日本代表と同じく監督交代に伴い、攻撃的なスタイルに転換してボコられるという、日本人にはガクブルの試合内容であった。しかもロシアよりコロンビアの方が強い(笑)大丈夫かな日本?

 

マドリーに話しを戻すと、ロペテギさんは解任騒動について「母親を亡くした日以来でもっとも悲しい」と語るほど、エモーショナルになる場面も見られたが、スペイン代表での一件から切り替えて、マドリーを率いる覚悟を決めた事が感じられる会見であった。会長が話した後に新監督が話すいつも通りの流れだったが、当然スペイン代表の一件について触れる場面もあった。

 

ロペテギ

最初に知っていたのは彼(ルビアレス会長)だ。祝福されていたし、監督就任を発表した日に会見を開こうとしたが、ルビアレス会長がいなかった。会見を待つように言われた。私は出来るだけ会見を代表の試合の日から遠ざけたかった。W杯前に行うことを願ったし、始まってから発表することは望んでいなかった。だが、次の日にいろんなことが起きた。その間に何があったかはわからない。誠実に、そして透明性を持たないといけないし、隠し事があってはならない。私は隠すことは悪いと思ったしそれは望まなかった。代表選手たちは自分の決断を知っていたし、ファンタスティックな姿勢で受け入れてくれた。彼らは素晴らしいグループだ。2年の間に4人の会長と共に働いたが、強さを持って乗り越えたし、その強さで彼等は世界1になれる。

 

スポンサーリンク

マドリーが連盟に反論、ルビアレスの嘘?

 

要約すると、報道ではマドリーがスペインサッカー連盟(RFEF)を介さずに交渉を行った事になっていたが、ペレス曰く、実際は会長のルビアレスに同意を得て、正当な手順で交渉していたとの事。報道と全然違うけどどっちが本当なんだよ(笑)

 

現地メディアのOnda Cero(オンダセロ)も、ルビアレスとペレスが月曜日の午後の時点で合意に達していたと報じている。そして選手達とルビアレスはロペテギのマドリー監督就任を祝福しており、雰囲気に問題は無かった模様。

それに加えて、ルビアレスは連盟内部のロペテギ解任派の圧力に負けて「5分前に聞かされた」という嘘をでっち上げた。という説もある。

 

そもそもウルヴァーハンプトンに決まりかけてた、ロペテギを強奪してスペイン代表監督にしたのはどこのどいつだよ(笑)

 

なのに相変わらずメディアはマドリーに不利な情報だけを流す。ムンド・デポルティボやスポルトみたいなバルサ寄りの妄想ガセネタを取り扱うなら、こういうマドリーに有利な情報も取り扱ってもらいたいもんだわ。

そして、マドリーに不利な情報しか見ずに、大暴れしている無能アンチマドリーさんもいい加減にしてもらいたい。

これらの情報を踏まえればマドリーとロペテギが完全に悪いとは言い切れないのではないだろうか。

スポンサーリンク

ロペテギ解任は正しかったのか?

 

「発表したマドリーが悪い!選手が動揺する可能性がある!」みたいな事を言ってる方も言っているが、前述した通り発表する前の時点で選手は既に知っていた。

それに大会後に監督が別のチームに行く事は別に珍しくもないし、そんな事であのレベルのプレイヤーが動揺するわけない。しかもスペイン代表はユーロ2016でコンテがチェルシーに就任する事が決定していて、遥かに戦力で下回るイタリア代表に負けてるわけだが?(ついでにユナイテッド就任が決まっているファン・ハール率いるオランダ代表にも)

 

「マドリー勢とバルサ勢が分裂してチームが崩壊する!」みたいな事言っている人もいるが、スペイン代表の歴史上もっとも仲が悪かった、モウリーニョ・グアルディオラ期にW杯とユーロを獲っているのだから、それは全く問題ないだろう。あの時の険悪さは尋常ではなかった(笑)いやマジで。カシージャスがシャビに電話しただけでモウリーニョがブチ切れるくらいである。

それに後任監督がマドリーのレジェンドで、後々マドリーを指揮する可能性があるイエロになってる時点で矛盾している。ていうかスペイン代表の監督って大体マドリーがバルセロナかアトレティコのどれかで監督経験があるヤツがなってるんだから、そんないちゃもんは今更過ぎる。

 

「契約があったんだから、ロペテギがやった事は背信行為だ!」みたいな事を言っている人がいるが、そんな事言ってたら、選手も監督も契約が切れるまで動けなくなるのだが?じゃあ違約金って何のためにあるんだ?「本人にとって魅力的なオファーが来たからそっちに行った」というだけの事。そしてロペテギはW杯終了までは指揮を執る意思を示していた。なので何の問題も無い。

 

記者「マドリードでなく他のチームだったら?」

ロペテギ「それは良い質問だが…」