スポンサーリンク
スポンサーリンク

リュディガー獲得、モドリッチ契約延長

レアルマドリード
スポンサーリンク

ようこそ、そしてこれからもよろしく。

 

関連記事:21-22シーズンCL決勝~レアルマドリード対リバプール

 

 

少し遅くなったが、リュディガーの獲得が決定。4年契約で2026年までの契約だとか。入団会見は6月20日に行われる模様。(フリー移籍だから契約金3500万ユーロ払うみたいな報道もあるが、流石にこの価格は飛ばしだと思う。)

チェルシー時代はランパードが監督の時はパフォーマンスを落としていたのがちょっと気になるが、アンチェロッティが監督だから大丈夫だろう。

 

今シーズンの開幕の時点で「なんでヴァランとラモス出してアラバしかDF補強せぇへんねん」と書いていたわけだが、案の定チェルシーとの2nd Legではバスケス、カルバハル、アラバ、マルセロというお笑い4バックを世界中に披露してしまったマドリー。

リュディガーが来たことでミリタオとアラバをサイドバックに回す事も可能になったので、もうあんな光景に出くわす事は無いと願いたい。

エムバペの件ではやらかしたペレスだが、これに関してはウィークポイントをピンポイントで潰すペレスらしからぬマトモな補強。ペレスも年喰って丸くなったな。(アンチェロッティがリクエストしたっていう報道もあるが、真偽は不明)

とりあえず、ようこそリュディガー。

 

そして補強ではないが、史上最高のMFことモドリッチの契約延長が正式に決定。

2023年までの1年契約。来シーズンはクラブではUEFAスーパーカップ・スーぺルコパ・クラブワールドカップ、代表ではW杯もあるから来シーズンも過労死寸前まで頑張ってもらうぜ(笑)