DTM

スポンサーリンク
音楽・DTM

MIDIが38年ぶりのアップデートで2.0に。あんまり意味なくてワロタ

わからない人のためにMIDI(Musical Instrument Digital Interface)を説明すると、あなたが鍵盤のドの音を5秒間強く押し続けたとする。そうしたら「5秒間強くドの音が押された」という演奏情報のみが送られる。これがMIDIだ。わかったな(笑)
音楽・DTM

WavesのAbbey Road TG Mastering Chainのレビュー(比較音源あり)

サイバーマンデーセールでWavesがキャンペーンがやってたので、 TG Mastering Chain(39$)、Abbey Road chambers(29$)、API2500(無料プレゼント)をsound grid101のクーポンを使って購入した。
音楽・DTM

wavesプラグインのインストールについて~V9とV10の共存方法

前回、Sibilanceの記事で「なんでV9とV10が共存しているのかよくわからん」と書いたが、セールでabbey road TG mastering(V10)を買ったので、V9とV10を共存させるインストール方法を検証してみた。
音楽・DTM

Wavesが無料でディエッサープラグイン「Sibilance」を配布

今年の無料配布プラグインはディエッサープラグインのSibilanceだった。(昨年のVU Meterにはズッコケたが)でも注意点があって、これは最新版なのでバージョンがV10になるのだが、Waves Update PlanがV9で止まっている方は問題になる可能性があるとかないとか...。
音楽・DTM

【悲報】今年のBlack Rooster Audioのセールがショボい…

去年のブラックフライデーで全部入り(All Bundle)が99$だったのを見逃してしまって、「来年こそは」と思いBlack Rooster Audioのセールを待っていたのだが...。今年のブラックフライデーのセールは、新製品がバンドルに含まれたとはいえ、全部入りが879$の7割引で264$。
音楽・DTM

Outputの個別音源とAll Bundleが25% offセール

Outputが恒例のセールを開始した。これはAll Bundle(全部入り)の値段。既に同社の音源を所持している方は減額された価格で購入する事が可能。実は私はOutput社の音源は「SIGNAL」と「REV」を所持している。発売された時に勢いで買っちゃったのだ
音楽・DTM

パワーサプライをMXR M238 ISO-Brickに変えたのでレビュー

有名な話かもしれないが、新品のアルカリ電池の電圧は9.6V前後と言われている。これがパワーサプライ・アダプターと電池の間で、音質面やノイズ面の差を生むと言われている。この可変式端子を使えば9Vのエフェクターを9.6Vで起動させる事も可能。
音楽・DTM

エレハモがルーパー機能付きディレイの上位版grand canyonを発表

ルーパー機能を使用している時にディレイをかけながら録音する事が可能になっている。シマーでコードを弾いた後に、テープディレイでソロを弾く事も可能。これはCanyonでは出来なかった事。スイッチが2つしかないので、スイッチが3つ以上あるTimelineやFlashbackと比べると、操作性という点では見劣りしそう。
音楽・DTM

Studio OneとPro Toolsが同時に起動・作業できる件

最近はオーディオファイルを録音・編集する時はPro Tools。ミックスとmelodyneでのピッチ修正はStudio Oneでやってたのだが、これがDAWソフトを終了させて、別のDAWソフトをイチイチ立ち上げるのが非常に面倒。
音楽・DTM

おすすめ!Ghost Fireのエフェクターボードの評価・レビュー

前から狙っていたGhost Fireというメーカーのエフェクターボード(Lエフェクターボード 色: +aケース)を購入したので、それについてのレビューを。エフェクターボードと言えば、Pedaltrainというメーカーが有名だが、非常に高価である。自宅で宅録に使用する事が多い私にはコストが掛かり過ぎると判断して、Ghost FIreの方を選択した。