CL18-19

スポンサーリンク
レアルマドリード

18-19CLベスト16アヤックス対レアルマドリード1st Leg~急募!有能な戦術コーチ

勝ったけど試合内容酷すぎワロタ。ソラーリがPSG戦のスールシャールよりハメられててワロタ。ハッキリ言って、戦術的にハメられてバルセロナ戦よりキツかった。それでも、なんでマドリーがユナイテッドと違って勝てたかというと...
レアルマドリード

CL決勝トーナメント1回戦開幕!アヤックス戦マッチプレビュー

いよいよCL決勝トーナメントが開幕。初日の注目カードであったマンU対パリはユナイテッドがホームでPSGに2-0で敗戦。CKから失点して焦ったユナイテッドは前プレが噛み合ってないのに突撃して、最終的にエムバペに決められてジ・エンド。攻撃でも頼みの綱であるポグバをダブルチームで潰されたユナイテッドは何もできなかった。
レアルマドリード

CLベスト16の組み合わせが決定。4連覇を狙うマドリーはアヤックスと対戦。

遂に決勝トーナメントの組み合わせが決定、マドリーはアヤックスと対戦する事になった。もっと悪い組み合わせになる可能性もあったので、まあ悪くない組み合わせと言えるのではないだろうか?ちなみに過去の対戦成績は7勝1分け4敗でマドリーが勝ち越している。
レアルマドリード

18-19CLグループリーグ第6節レアルマドリード対CSKAモスクワ~ソラーリ先生…組織的なサッカーが観たいです

もうさ...何を書けばいいのか(笑)この試合は酷すぎた...。若手がアピールのために、ピッチを所狭しと躍動する姿が観れると思ってたのに。いざ蓋を開けてみたら、本拠地ベルナベウで格下相手にクソゲロゴミ試合で0-3の敗戦。
レアルマドリード

18-19CLグループリーグ第5節ASローマ対レアルマドリード~諦めて勝ったソラーリ

グループリーグ突破を賭けた天王山になると思われていたローマ戦だったが...、なんと直前に行われたCSKA対プルゼニでプルゼニが勝利。プルゼニに負けるとかCSKAダサ過ぎワロタ。そしてそのCSKAに負けたロペテギ(笑)というわけで試合は突破が確定した上で首位通過を賭けて行われた。
レアルマドリード

ローマ戦の注目ポイント~試されるソラーリの手腕

正直ローマ戦めちゃくちゃ心配...。ローマのスカッドはどう考えてもエイバルより上。普通に考えると今のマドリーが勝てるわけない(笑)マドリーの状況を整理すると、怪我人は多いがカゼミーロ以外のベストメンバーは起用出来る状態。
レアルマドリード

18-19CLグループリーグ第4節ヴィクトリア・プルゼニ対レアルマドリード~久々の宴

試合はベンゼマのドブレーテなどもあり、マドリーが5-0で大勝。世間的には「監督がソラーリに代わってついにマドリー復活か?!」みたいに思われるかもしれない...ぶっちゃけ前半の最初の方はマジで酷かった(笑)本当に負けるんじゃないかと思ったよ...。
レアルマドリード

【悲報】CLプルゼニ戦の主審はバルサ対PSG戦のデニス・アイテキン(笑)

あのバルサがPSGに6-1で勝った「カンプノウの奇跡(笑)」を演出した主審が担当すんのかよ(笑)マジでコエ~よ。絶対アンチマドリー主審じゃねーか(笑)ちなみにマドリー公式の情報によると「このドイツ人審判がロス・ブランコスの試合の笛を吹くのは初となる」過去のデータが無いのが余計怖い(笑)
サッカー関連

CLグループリーグ第3節マンチェスターユナイテッド対ユベントス~モウリーニョは死んだのか?

なんか最近スペインでは、ロペテギの後任としてモウリーニョのレアルマドリー復帰が報じられている。たぶんガセだとは思うのだが、ペレスがモウリーニョの事を監督として気に入っているのは事実だ。ペレスはモウリーニョの実務的な事を重視するエンジニア的な気質を評価している。
レアルマドリード

18-19CLグループリーグ第3節レアルマドリード対ヴィクトリア・プルゼニ~ロペテギ延命

試合はベンゼマとマルセロがゴールを決めて、2-1でマドリーの辛勝であった。しっかしヒデェ~試合だったよ。本来なら8-0ぐらいで勝たないといけない相手なのに。このままだとマジでグループリーグ敗退しそうでワロタ。冷静に考えて116年の歴史でワーストの記録(無得点記録)を作ったロペテギだったら、史上初のグループリーグ敗退してもおかしくなくてワロタ。