スポンサーリンク
スポンサーリンク

キングダム考察第12回~松左が無駄死にしとってワロタ

日記・IT・雑学
スポンサーリンク

このエピソードいる?

 

関連記事:キングダム考察第11回~原先生…あの…兵糧の件は?

 

※注 ネタバレ要素があるので、知りたくない方は読まないことをオススメします

 

現在のキンダグムは596回。まだ趙と戦ってますよ…。前回の考察の時点では鄴のスパイが兵糧を燃やした所だったんで、こっから急ピッチで進むと思いきや、朱海平原でグッダグダの展開。

まず王賁が討たれるのも要らんかった。あそこで王賁暁雲をフルボッコにしてくれて良かったんだよ…。それで信が対抗心を燃やして、他の敵武将フルボッコにして、めでたく蒙恬と王賁と信、3人揃って将軍に昇進で良かったんだよ。

なんでここまで遠回りして話を先延ばしにしてるのか、ワイにはサッパリわからん。

 

無駄エピソードの極めつけとして、595話で古参メンバーの松左が戦死…。

松左は新規メンバーの干斗を助けに行って死ぬわけだが、まずワイを含めた読者の大半が干斗に対してそんなに愛着が沸いてないので、「えっ?!あの干斗のために松左を殺すのかよ!?原先生!」みたいに思ってしまう。

別にあのシーンは干斗が「ポテンシャルの高さで、圧倒的に不利な状況を覆して、一躍飛信隊の幹部候補に躍り出る」的な展開でも良かったのでは?なんか無理矢理、ストーリーに起伏をつけようとし過ぎてる感がある。

スポンサーリンク

矛盾設定(笑)

 

一番気になったのは50巻の180Pで

飛信隊部下「田茂討ち死に!林多も討ち死に!」

自称・正義の将軍の信「うるせェ!」

みたいな事言ってたクセに、松左が死んだとたん「あぁ…最高のヤツだった」って、全然リアクション違うじゃね~か(笑)

 

19巻の105P(対魏戦で臨時の1000人将に昇格した時)で

ガチで正義の将軍だった頃の信「飛信隊では士族も百姓も関係ねェ。古参も新参も関係ねェ!」

ってカッコ良い事言ってたのに(笑)古参も新参も関係ないんじゃねぇのかよ(笑)あの時のカッコ良かった信は一体どこに言ったのか?

 

いや、普通の将軍なら「うるせェ!」でも良いけどさ、亡き友・と共に「誰より強くてかっこいい天下の大将軍」になると誓い合った信のキャラだったら駄目でしょ。

「在籍年数関係なく部下に愛情を注ぐ」。それが信に求められてるキャラであり、良い所じゃなかったの?悪の将軍・桓騎との対比を44巻で散々描いてたのに、その意味が無いじゃないか!

スポンサーリンク

無能集英社編集部

 

前も言ったけど、集英社にも問題があると思うよ、普通の担当編集者だったら「先生、展開遅くないっすか?」とか「信の発言が過去の発言と辻褄合ってないんですけど…」って言って、アドバイスするもんなんだが、編集の人間は何をしとるんだ?

求めれてる仕事はしないのに、クソみたいな映画作ったりして、集英社編集部マジで無能。

 

合従軍編は長かったが、無駄なエピソードが無く、中弛みを感じずに読めたが、今回の趙編はそれとは真逆でグッダグダである。無駄に引き延ばしにする事で、キングダムの魅力である「熱」が削がれている事に気付かんのか?

 

原先生の師匠である井上雄彦はスラムダンクを「山王戦以上に面白い試合が描けないから」という理由で終わらせた。今のキングダムの方向性は真逆のベクトルに進んでおり、大好きなキングダムという漫画の未来に一抹の不安を覚える今日この頃である。

 

かといって、中華統一前に辞められても困るんだが…。丁度いい塩梅を見つけて連載を続けてもらいたい…。

…と、思ってたら来週から趙峩龍藺相如の回想エピソードが始まって、またグッダグダになりそうでワロタ。