スポンサーリンク
スポンサーリンク

キングダム考察第13回~まさかの武神・龐煖(ほうけん)登場でワロタ

日記・IT・雑学
スポンサーリンク

脳筋漫画すぎる(笑)

 

関連記事:キングダム考察第12回~松左が無駄死にしとってワロタ

 

※注 ネタバレ要素があるので、知りたくない方は読まないことをオススメします

 

現在のキングダムはちょうど600回。勿論まだ趙と戦っている(笑)

 

一応信が趙峩龍をぶっ殺したんだが、これももうワイにはよくわからんよ(笑)先に死んでいった仲間達の想いで強さが決まるとかマジで意味わからん。

仲間の想いの強さで決まるなら信より武人としてのキャリアが長い趙峩龍の方が強いんちゃうの?「なんで信が勝てたのか?」っていう説明がしっかりされてないから、主人公補正で勝ったようにしか見えない。

 

主人公補正はどんな漫画でもあるけど、限度があるでしょ。

例えばジョジョ5部のディアボロジョルノの戦いだったら、「結果だけが残るキングクリムゾン」「結果に永遠に辿り着かないゴールドエクスペリエンスレクイエム」の戦いでジョルノが勝つのは納得できるんだけど、キングダムはそういう描写が皆無。ただ戦って、最初は苦戦して、火事場の馬鹿力で押し返して勝つ、それだけである。

 

ジョジョはアバッキオ死亡回の警官のセリフで

『結果』だけを求めてはいない。『結果』だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ…近道した時『真実』を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?真実へ向かっているわけだからな…違うかい?

って感じで、「結果」だけが残るキングクリムゾンの欠陥と、作者・荒木飛呂彦から読者への深いメッセージがしっかり複線として描かれてるんだが、キングダムはそういう深みが皆無なんだよ。まさに脳筋漫画。

 

キンダグムはジョジョとかと違って、史実である程度勝敗が予想できるわけだから、今の描き方じゃこれから先マンネリに陥ってジリ貧になると思うけどな。

ただでさえバトル漫画は能力がインフレしてつまらなくなる傾向があるんだから、もうちょい武将対武将のバトルの描写を考えてもらいたい。

スポンサーリンク

もはや史実無視でワロタ

 

挙句の果てには599回では武神・龐煖(ほうけん)が登場する始末(笑)

有名な話なのでご存知かもしれないが、史実上では龐煖はこの戦いには間に合わなかった事になっているのだが、キンダグムの世界ではしっかり最終日までに間に合っているという(笑)

 

紀元前236年 趙軍は燕を攻めて貍と陽城を取るも、その隙をついて秦の王翦・桓齮・楊端和が趙を攻め鄴や閼与などを落とす。『韓非子』飾邪篇によれば、この際、燕への遠征軍を指揮していたのは龐煖であり、秦軍侵入の報を受けると軍を移して南に急行するが、既に鄣(漳河一帯)は陥落した後であった。

もはや歴史改変し始めててワロタ。

 

もういいだろ…。これ以上登場キャラ増やしてどうするんだよ…。この後の史実には登場してない龐煖の扱いはなんとでもなっただろ…。合従軍に史実には載ってない李牧を参加させたりしてんだから、もっと後の戦いに龐煖という黄金カードを残しといた方が絶対良かった。

 

龐煖が秦軍の武将の誰と戦うか知らんが、どうせ「想いの強さガー」とかいうクソみたいな理由で秦軍の武将が勝つんだろうし、武神マジでいらんわ~。

しかも闇討ちしといて楽華隊のモブじじぃに重傷負わされてるし(笑)武神弱すぎワロタ。李牧も知らんかったクセに「役者が揃いましたね(キリッ)」とか言ってて小物っぽくて草。

 

そしてみんな忘れてるかもしれんが、兵糧問題…。普通に馬食っとるし(笑)どうやら原先生は兵糧問題をこのまま有耶無耶にして乗り切ろうとしている模様。

そうなると王翦が運ゲーかまして、たまたま上手く行った事になるんだけど…。歴史に残る知将の王翦を魅力的に描けないなら、間違いなくキンダグムは低迷して行くだろうな。