スポンサーリンク
スポンサーリンク

オスカル・ロドリゲスのセビージャ移籍が決定

レアルマドリード
スポンサーリンク

あ~あ

 

関連記事:マドリーに冬の補強の噂…CLの自国育成選手枠について

 

 

オスカル・ロドリゲスのセビージャ移籍が決定…と。保有権の25%と優先交渉権はマドリーが保持しているらしいが、ジダンが監督でいる限り戻ってくる事はないだろうな…。11歳からマドリーにいる生粋のカンテラーノで、デラレッド以来の逸材だったから悲しい。

っていうか、ジダンって自分がいなくなった後の事とか考えてんのかな?

普通の監督なら契約残り1年で29歳のバスケスがoutで、サイドも中盤も対応できるオスカルがinになると思うんだが…。まあ何にも考えてないわな(笑)去年もサラビアが獲れたのに動かなかったからな。

 

あと「マリアーノがベンフィカに行くかも」という噂が流れてるから、これが本当ならCLのクラブ内育成枠(最低でも4人必要で、マリアーノを入れても5人しかいない状態)の問題で今年もバスケスの残留確定で草。(クラブ内育成枠に該当するレギロンを戻すのであればバスケス放出はあり得るが…。まあレギロンも売られるんだろうな。)

あとそうなると、自国育成枠のイスコもオドリオソラも残留になるな。(セバージョスが戻れば、この2人の放出はあり得るが、まあセバージョスが売られる可能性も方が高いだろう。)

つまり20-21もたいして変わり映えしないスカッドになりそう…。う~む、テンションが全く上がらん(笑)