プレシーズン

スポンサーリンク
レアルマドリード

18-19シーズンベルナベウカップレアルマドリード対ACミラン~モドリッチ帰還

試合展開としては、概ねマドリーがボールを保持して、ミランがカウンターを狙うという展開であった。マドリーは前線からのプレスも、親善試合にしては割と勤勉にやっていた印象。それでも何回もミランにゴール前まで運ばれて、決定機を作られた。
レアルマドリード

18-19プレシーズンレアルマドリード対ローマ~勝って兜の緒を締めよ

前半は良い内容だったが、過信は禁物である。というのも、今日のローマはハイライン&ハイプレスがテーマだったようで、プレス耐性MAXであるクロースアンカーのマドリーにひたすら、プレスを交わされ、ボールを運ばれる試合展開であった。
レアルマドリード

18-19プレシーズンレアルマドリード対ユベントス~ロペテギの憂鬱

「今シーズンのマドリーの鍵は?」と聞かれれば、「前線の補強」「ロナウドの穴を埋められるか」と多くの人が答えるだろう。だが、私は迷わず「ロペテギがイスコを切れるかどうか。そしてアセンシオを主軸に出来るか。」と答えるだろう。
レアルマドリード

18-19プレシーズンレアルマドリード対マンチェスターユナイテッド

注目ポイントはやっぱ前線になるだろう。クリスティアーノ・ロナウドという得点源が抜けて、果たして誰がその穴を埋めるのか?そのポジションには若干18才のヴィニシウスが入った。ローンバックのフェデリコ・バルベルデも先発。
レアルマドリード

ベルナベウカップ レアルマドリード対フィオレンティーナ~選手採点

毎年マドリー主催で行われる親善試合ベルナベウ杯。今年はイタリアの古豪フィオレンティーナと対戦した。フィオレンティーナは監督が変わったり、カリニッチ、ベルナルデスキ、ボルハ・バレーロなど主力が抜けて再構築中のチームと言っていいだろう。
レアルマドリード

レアルマドリードのプレシーズンを観て雑感~ジダンの憂鬱~ クラシコ

26年ぶりに開催された親善試合でのクラシコ。ネイマールにとって最後の試合となった。バルセロナはMSN先発。サイドバックとGK以外はベストメンバー。マドリーはクロースの代役にコバチッチ、CR7のポジションにアセンシオ。
レアルマドリード

レアルマドリードのプレシーズンを観て雑感 マンチェスターシティ戦

シティはレアルマドリーよりコンディションが良く、勤勉に前線からプレスをかけてきたため、クロースがいない上に、コンディション不良のため個々の技術でプレスを回避することもできず、レアルマドリーは自陣に押し込まれる展開が増えた。
レアルマドリード

レアルマドリードのプレシーズンを観て雑感 マンチェスターユナイテッド戦

昨シーズン前人未踏のCL連覇とリーガ制覇を果たしたレアルマドリー。今シーズンはペップバルサも達成できなかった6冠(uefa supercup・spain supercup・CWC+主要3タイトル)狙う。