音楽コラム

スポンサーリンク
音楽・DTM

音楽コラム第12回:ジャニーズ事務所に公正取引委員会から圧力問題で注意喚起

ジャニー喜多川氏が亡くなったこのタイミングで公取からの注意喚起は露骨過ぎますね。如何にジャニー喜多川氏が業界に影響力があったかを如実に表しているんじゃないだろうか?ジャニーズに言うんだったら、他にも注意しなきゃいけない芸能事務所があると思うんだが、それは置いておこう(笑)
音楽・DTM

音楽コラム番外編:最近気になった曲をまとめて楽曲レビュー(2019年5月)

フジテレビの火曜9時ドラマ『パーフェクトワールド』の主題歌。オイ、米津玄師の曲よりコッチの方が良いぞ(笑)個人的に米津玄師関連の曲ではこの曲がベスト。ワイが菅田将暉の声質が好きなだけかもしれん(笑)曲調は尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」の現代版って感じ。
音楽・DTM

音楽コラム番外編:最近気になった曲をまとめて楽曲レビュー(2019年4月)

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の主題歌。パクリ過ぎでワロタ。元ネタはマイケル・ジャクソンの「Man In The Mirror」とエリック・クラプトンの「Tears In Heaven」とBee Geesの「How Deep Is Your Love」辺りか。
音楽・DTM

「風のようにうたが流れていた」の感想~マンネリでクソつまらん

はぁ~、延期になったから「マンネリを危惧していた小田さんも納得のクオリティになったのでは?」と勝手に予想してたけど、最近の「クリスマスの約束」と全く一緒の構成でクソつまらんかった。このクオリティなら年末にできたやろ...。
音楽・DTM

音楽コラム番外編:最近気になった曲をまとめて楽曲レビュー(2019年2月)

まあ曲自体は普通のポップロック。それは別に良いのだが、この曲の問題点は映画版『キングダム』の主題歌だという事。ハッキリ言ってまったく映画の世界感に合ってない(笑)なぜ中国が舞台の作品で英語の歌詞の曲が主題歌の英語になんのかサッパリわからん。『ラストエンペラー』で坂本龍一が作った神曲と比べると雲泥の差である。
音楽・DTM

音楽コラム番外編:最近気になった曲をまとめて楽曲レビュー(2019年1月)

活動休止明け第一弾のシングル。ソフトバンクのCMのテーマ曲。まずサビのコード進行がミスチルの「ラブコネクション」の丸パクリ(笑)まあよくあるコード進行ではあるんだけど、元ネタが判りやす過ぎて、個人的にはアウトかな。
音楽・DTM

今年のレコ大は乃木坂46のシンクロニシティ。なぜオワコンになったのか?

まだ観れてないんだが(録画はしてるけど)、乃木坂46が2年連続でレコ大受賞したらしい。これがノミネート曲のリスト。まあ微妙な曲だらけ(笑)世間的には「U.S.A.」なんだろうけど...
音楽・DTM

2018FNS歌謡祭第一夜の感想と採点表

「うぉー!ヤベェー!」みたいなパフォーマンスは皆無だった。でもなんだかんだで毎年観ちゃう。一応印象に残ったやつだけの感想と採点。個人的なパフォーマンスのトップ3は、コブクロの黒田とISSAと髙橋 真梨子かな。下が一応印象に残ったやつだけの感想と採点
音楽・DTM

音楽コラム番外編:最近気になった楽曲をまとめてレビュー(2018年11月)

映画『億男』の主題歌。おそらく近年の作品群では彼らの最高傑作。曲調としては「Supernova」とか「花の名前」に近い。この曲はメロディも素晴らしいのだが、特筆すべきは藤原基央の歌詞だろう。「ガムを紙にぺってして」「平気さ お薬貰ったし 飲まないし」のような口語的な表現を多用しており...
音楽・DTM

音楽コラム第11回:吉岡里帆と阿部サダヲが意外に歌上手くてワロタ~音程修正し過ぎ問題

以前、楽曲レヴューでシン(阿部サダヲ)&ふうか(吉岡里帆)の『体の芯からまだ燃えているんだ』を取り上げた時、生演奏だったら悲惨な事になるだろう。阿部サダヲと吉岡里帆の歌声がAutotune(ピッチ修正ソフト)で修正し過ぎ(笑)みたいな事を書いたんだけど...。