音楽コラム

スポンサーリンク
音楽・DTM

今年のレコ大は乃木坂46のシンクロニシティ。なぜオワコンになったのか?

まだ観れてないんだが(録画はしてるけど)、乃木坂46が2年連続でレコ大受賞したらしい。これがノミネート曲のリスト。まあ微妙な曲だらけ(笑)世間的には「U.S.A.」なんだろうけど...
音楽・DTM

2018FNS歌謡祭第一夜の感想と採点表

「うぉー!ヤベェー!」みたいなパフォーマンスは皆無だった。でもなんだかんだで毎年観ちゃう。一応印象に残ったやつだけの感想と採点。個人的なパフォーマンスのトップ3は、コブクロの黒田とISSAと髙橋 真梨子かな。下が一応印象に残ったやつだけの感想と採点
音楽・DTM

音楽コラム第11回:吉岡里帆と阿部サダヲが意外に歌上手くてワロタ~音程修正し過ぎ問題

以前、楽曲レヴューでシン(阿部サダヲ)&ふうか(吉岡里帆)の『体の芯からまだ燃えているんだ』を取り上げた時、生演奏だったら悲惨な事になるだろう。阿部サダヲと吉岡里帆の歌声がAutotune(ピッチ修正ソフト)で修正し過ぎ(笑)みたいな事を書いたんだけど...。
音楽・DTM

音楽コラム第10回~ジュリー(沢田研二)のさいたまスーパーアリーナ公演ドタキャン問題について

ジュリー(沢田研二)が公演をキャンセルした事が話題になっている。世論は「プロなら客が少なくてもやれ!」「お前が人を集まられないのが悪いんだろ!」的な意見が多いように思う。ハッキリ言ってこういう意見を言っている人は、今回の一連の騒動を全く理解していないように思える。
音楽・DTM

音楽コラム第9回~チケットノルマのあるオーディションライブには要注意

私の経験では、マトモな音楽事務所やレコード会社は「ライブを観てみたいのでライブの日程を教えてください」という風に言ってくる事が多いように感じる。有名アーティストを抱えていない経営がヤバそうな会社に限って、オーディションライブという名目で出演料をふんだくろうとしてくる。
音楽・DTM

音楽コラム第8回~JASRACのいではく会長無能過ぎてワロタ

宇多田ヒカルが「もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな。」と言っているが、作曲者自身が「必要ない」って言ったケースはどうなるんだ?
音楽・DTM

音楽コラム第7回~渋谷すばる関ジャニ∞脱退、そしてジャニーズ事務所も退社へ~ジャニーズの育成力の限界

厳密に言うと、渋谷は歌唱力自体は低くは無い。音程は取れている。まぁ標準と言った所か。彼の致命的なのは声質の悪さである。歌声でメシが食える人間というのは、一聴しただけで記憶に残る「個性」と「説得力」がある。彼にはそれが無い。
音楽・DTM

音楽コラム第6回~歌手・菅田将暉に思う、実力派ボーカリスト不遇の時代

菅田将暉の声質も中々上質。だがライブパフォーマンスを観る限り歌唱力はそんなに高くない。高音を上手く歌えない場面が目立った。それでも平然と営業スマイルで口パクするジャニーズアイドルよりはマシだ。
音楽・DTM

音楽コラム第5回~長渕剛の息子(ReN)のエド・シーラン丸パクリ問題から考える、日本の音楽業界の悪しき慣習とは?

仮にReNがイギリスやアメリカに生まれていれば、おそらく誰からも見向きもされなかっただろう。エド・シーランは世界にただ一人であり、世界で一人だけがエド・シーランの楽曲を歌えて、一人だけがエド・シーランのスタイルで飯を食う事ができる。
音楽・DTM

音楽コラム第4回~なぜ「ゆず」は大物感がないのか?

ゆずは今も昔も一貫して歌謡曲・フォークソングを書いている。バンドサウンドを取り入れた後もである。ハッキリ言ってソングライターとしては何の変化も成長もしてない。