スポンサーリンク
スポンサーリンク

「風のようにうたが流れていた」の感想~マンネリでクソつまらん

音楽・DTM
スポンサーリンク

委員会バンドと合唱はマジでいらん

 

関連記事:【朗報】延期になった小田和正の「クリスマスの約束」が「風のようにうたが流れていた」として放送クリスマスの約束2017

 

はぁ~、「クリスマスの約束」が延期になったから「延期になったという事はマンネリ気味で小田さんが納得できなかったからに違いない!今回は納得のクオリティになったのでは?」と勝手に予想してたけど、最近の「クリスマスの約束」と全く一緒の構成でクソつまらんかった。このクオリティなら年末にできたやろ…。

 

あれだけクソつまらん委員会バンドは止めろって言ってんのに、今回もほぼフル出場。しかも歌ってない時も、委員会バンドのメンバー全員後ろの観客席で座って観てるのが見切れ取るし(笑)

ゲストも地味。矢野顕子は大物の部類に入るのかもしれんが、たいして興味ないから、個人的にハズレ。

 

別に扱う曲は何でも良いんだよ。問題は演奏方法の部分。視聴者は小田和正の美声が聴きたいんであって、いきものがかり水野とかスキマスイッチ大橋の平凡な歌なんか聴きたくないっちゅうの。

そもそもあいつらの歌にそんなに需要があるなら、もっと売れてるだろ。せっかくの小田和正の美声が委員会バンドの歌で埋もれてるじゃねーか。あれだったらウィーン少年合唱団の方がマシ。

 

挙句の果てにはオフコース時代の名曲「YES-YES-YES」もクソみたいな合唱バージョンで演奏する有り様。ファンの方は知っていると思うが、「YES-YES-YES」は5人組だったオフコースが4人組になる時期に発表された重要な楽曲で、あんな和気藹々と楽しげに歌う楽曲じゃないはず。

あと、とてつもないハイトーンが要求されるこの難曲を「小田和正がギリギリで歌いきる」という緊張感が、この曲がライブで演奏される時の魅力の一つだったんだが、女性ボーカル陣が高い所を担当するから、その魅力すら消えてしまっている。大好きな曲の一つだったが、マジで今までで最低のバージョンだった。

 

今回の放送を観る限り、「クリスマスの約束」が延期になったのは「クオリティに納得できなかったから」とかじゃなくて、単にライブで忙しかったからなんかな。なんかそう考えると、来年もこんな感じになりそうで、今からウンザリだわ(笑)

結局、番組冒頭に小田さんが一人で歌った「この道を」がダントツに一番良いという事実に本人とスタッフはさっさと気付いてもらいたい。