リーガ23-24

スポンサーリンク
レアルマドリード

マドリーのDFラインが壊滅状態に

大一番のジローナ戦の招集リスト。ナチョが負傷でメンバー外に。下部組織からハコボラモン?(読み方は適当)が招集。ここ最近のナチョは酷かったから衰えたのかと思っていたが、どうやらナチョはここ数試合は違和感を抱えながらプレイしていた模様。
レアルマドリード

マドリーがバルセロナを下してスーペルコパを制覇

スーペルコパはマドリーがバルサを4-1で下してマドリーが制覇。これまでと違ってベリンガムを中央に置くアンチェロッティの采配が当たったね。
レアルマドリード

アンチェロッティが2026年まで契約延長

アンチェロッティがマドリーと契約延長。基本的にマドリーは監督の去就はシーズン終了時の獲得タイトルで判定するクラブなので、これは極めて異例だ。
レアルマドリード

ベティスに引き分け。ジローナが首位に。

怪我人続出のマドリーは敵地でベティスに引き分け。しかも脳筋シャビ率いるバルサがジローナに負けやがったので、ジローナが首位に立つという珍事に。
レアルマドリード

ヴィニシウスとカマヴィンガが長期離脱

ヴィニシウスが左太腿負傷で2か月半離脱、カマヴィンガも靱帯やっちゃって2か月近く離脱。まあこの選手層だとこうなるわな。中盤の怪我人続出に関しては元々層が厚かったから不運だったとしか言えないが、前線のスカッド崩壊は完全にペレスの無能ムーブが原因。
レアルマドリード

クラシコ勝利

クラシコデビューのベリンガムによる2ゴールで逆転勝利。しっかしクラシコとしては酷い試合だったな。マドリーは相変わらず2トップが小兵タイプで、中央にボールを差し込めないから、基本的にヴィニシウスのドリブル頼りで外からの攻撃しかできず、相手のCBに負荷をかけれない。
レアルマドリード

アトレティコに負けて連勝ストップ

ペレスの無能編成による極薄スカッドとアンチェロッティの政治臭満載の采配が合体して無事爆死。う~む、わかっていたが、本当に今季のマドリーは弱いな。スカッド的には間違いなくここ10年で一番弱い。
レアルマドリード

移籍市場終了。9番は来ず…。

移籍市場が終了。結局、期待されていた9番は到着しなかった。マドリーが9番不在のままシーズンに入るのは史上初だとか。ペレスは一体どうしちまったんだ...。昔はあんなにスター選手乱獲していたのに、今ではすっかり健全経営自信ニキに...。
レアルマドリード

開幕3連勝も、ヴィニシウスが1か月以上離脱…

ベニテスのセルタを下して開幕3連勝。マドリーの現布陣の弱点であるサイドを早い攻撃で突かれて苦戦したが、耐えてベリンガムの一発でなんとか勝利。開幕3試合目でマドリー対策を完成させてくるベニテス有能で草。
レアルマドリード

アンチェロッティが補強終了を宣言

セルタ戦前の記者会見が行われて、そこでアンチェロッティが補強終了を宣言した模様。