スポンサーリンク
スポンサーリンク

エフェクター直列繋ぎ時の音痩せ対策としてのバッファーペダルの効果を検証(音源アリ)

音楽・DTM
スポンサーリンク

エフェクターの音痩せにバッファーは有効か?

 

関連記事:エフェクターレビュー:アイソレート式パワーサプライMXR M238 ISO-Brickおすすめ!Ghost Fireのエフェクターボードの評価・レビューアコギの録音にリフレクションフィルターは必要か?効果を検証(音源あり)エレハモがルーパー機能付きディレイの上位版grand canyonを発表【朗報】AmpliTube4 Free(無償版)のCab Room機能がライン録音に使える件~ライン録りでギターを良い音で録音するコツおすすめ!KLOTZ TITANIUM(シールドケーブル)のレビュー(TIR0300PSP)

 

 

今回はエフェクターを直列に繋いだ時の音痩せ問題について。

ギタリスト&ベーシストの方なら、エフェクターを直列にいくつか繋いで、ギターを弾いた時に「ん?なんか音がショボイいような…」みたいに思った事がある方もいるのではないだろうか?

 

そういう状況を解決するためにあるのが、バッファーというタイプのエフェクターである。

これは簡単に言うと、音の信号のインピーダンスをローインピーダンスに変換して、音が劣化しにくい状態に変換してくれるエフェクターの事である。

 

そして今回私がレビューするバッファーは

 

 

EVA PHC-VIC Sound Stabilizerというエフェクターである。

スポンサーリンク

検証方法

 

まず今回の検証方法は

 

 

 

 

順番エフェクター名
EVA PHC-VIC サウンドスタビライザー(アリかナシで検証)
T-REX MOLLER2(バッファードバイバス)
VISUAL SOUND VS-XO(バッファードバイバス)
TRUETONE JEKYLL & HYDE V3(バッファードバイバス)
strymon Big Sky(トゥルーバイパス)
PDI03-JB(キャビネットシミュレーター)
RME UFX+(オーディオインターフェイス)

 

こんな感じの順番で接続。EVA PHC-VICがある場合とない場合でどれぐらい「音痩せ具合・音質が変わるか?」を検証した。ちなみにシールドケーブルはklotz社の物を仕様している。

スポンサーリンク

EVA PHC-VIC Sound Stabilizerを繋がなかった場合。(バッファー無し)

 

まずEVA PHC-VIC Sound Stabilizerが無い状態の音源。(バッファー無し)ギブソンレスポールカスタムのリアピックアップで弾いている。

 

エフェクターをたくさん直列で繋いでるが、どのエフェクターもONにはしてない。全くの素の音。(厳密に言うと、キャビネットシミュレーターのPDI03-JBのみONの状態)

今回は「音痩せ具合がどれだけ変わるか?」を検証する回なので、エフェクターはONにしないで、クリーンな音で聴いた方が判り易いかなと。

ちなみに録音ソフトはPro toolsでサンプルレートは96khz/24bitとなっている。録音後にMP3の192kbpsに変換している。

音が小さいからもしれないが、PC・スマホ側で何とかして下さい(笑)

 

 

それでは聴いてみよう(ヘッドフォンで聴くことを推奨)

 

 

スポンサーリンク

EVA PHC-VIC Sound Stabilizerを繋いだ場合。(バッファー有り)

 

次にEVA PHC-VIC Sound Stabilizerを繋いだ場合の音源。

 

 

ちなみにEVA PHC-VIC Sound Stabilizerはインピーダンスの設定が可変式になっている。今回使うギターはレスポールなので、ハムバッカーのインピーダンス(500KΩ)に合わせてセッティングしている。

ちなみに電源は18Vのアダプターを使用。(9v電池の2つで駆動させた方が音質は良いらしいが面倒くさいので…)それ以外のパワーサプライはMXRのM238 ISO-Brick。

 

 

バッファー有りの音源。(オーディオインターフェイスの入力レベルはバッファー無し音源と全く同じ)

 

 

スポンサーリンク

結論

 

 

 

聴き比べると、入力レベルが同じなのにも関わらず、単純にボリュームが全然違う。それは上の波形を比べてもらえば明らか。(下の波形がバッファー有り音源の波形)

「ちょっww、お前明らかにバッファー有りの方がアタック強く弾いてるじゃん。インチキじゃねーか(笑)」って思われた方もいるかもしれないが、本当に同じ様に弾いたつもり。

なんならバッファー無しの時の方が、モニターから返ってくる音が明らかに小さかったので、より強く弾いたぐらいだ。弾いた瞬間に違いがわかるくらいハッキリ違った。(まあ疑うなら楽器屋で試してみてくれww)

バッファー有りの方が音の輪郭がしっかりしているし、音の芯も骨太で力強い。弦の分離も良い。

なんかバッファー無しの方は音がペラいというか、遠くで鳴っているように聴こえる。エフェクターの直列繋ぎで信号が劣化していて「遠路はるばるご苦労様です」っていいたくなる感じ。

 

というわけでEVA PHC-VIC Sound Stabilizerは音痩せ対策に有効な、極めて優秀なエフェクターだった。ライン録音でこれだけ違うので、アンプを通したらより違いが明確になるのではないだろうか?

今回使用したエフェクターは入力インピーダンスを変えれるタイプのモノだが、他にも色んなグレード・バリエーションがあるので、興味のある方は是非チェックしてみては。