レアルマドリード

スポンサーリンク
サッカー関連

CL20-21ベスト8、他2試合はPSGとチェルシーが先勝

レヴァンドフスキを欠いたバイエルンは2-3で敗戦。流石のフリックでもこれだけ駒を欠いてたら難しかったか。とはいえ、1点目のチュポモティングのゴールを観る限り、PSGの撤退守備も怪しい。(4-2-3-1のダブルボランチの脇からのクロス→ヘディング)バイエルンも決定力があれば、逆転も不可能では無い。
レアルマドリード

20-21シーズンCLベスト8~レアルマドリード対リバプール 1st leg

1st Legはエスタディオ・アルフレッド・ディステファノで開催。リバプールはヘンダーソン、ファンダイク、マティプなどが欠場。これがマドリーのスタメン。ラモスは怪我で欠場。バランはコロナで欠場。それ以外はいつも通りの布陣。
レアルマドリード

リーガエスパニョーラ20-21第29節レアルマドリード対エイバル

やっと退屈な代表ウィークが終了。この試合の後にリバプール、クラシコ、リバプール2nd Legと続くので、早い段階で試合を決めて、主力を早めに休ませたい所。セルタ戦は4バックだったが、また3バックに。ぶっちゃけ3バックにしたいというより、中盤をダブルボランチにして、1人を休ませるためにこうしたように思える。ラモスは代表で怪我をしたので当分OUTとの事。
レアルマドリード

リーガエスパニョーラ20-21第27節セルタ対レアルマドリード

CLアタランタ戦に無事勝利してベスト8に進出したマドリー。ラモスが外れてカゼミーロが復帰。それ以外はアタランタ戦と一緒。まだジダンがリーガを諦めてないという事がわかるスタメン。
レアルマドリード

マドリーは準々決勝でリバプールと対戦

CLベスト8の対戦カードが決定。マドリーはリバプールと対戦が決定。以前に...「アトレティコ(ベスト8)→シティを倒してベスト4進出してきたポルト→リバプールとバイエルンを倒して決勝進出してきたPSGに圧倒的勝者のメンタリティと界王拳で優勝」みたいにならんかな。...って冗談で書いてたけど、結構それに近い感じになっててワロタ。
サッカー関連

アトレティコがチェルシーに敗れる。CLのベスト8が出揃う。

俺的にベスト8候補の中で一番のボーナスステージと見てたアトレティコがチェルシーにボコられててワロタ。ここでアトレティコがチェルシー消してくれたら有り難かったんだが。しかし、2試合ともチアゴ・シウバ不在のチェルシーに1点も取れんとはアトレティコは酷いな。(フェリックスだけは才能の片鱗を見せてたと思うけど)
レアルマドリード

20-21シーズンCLベスト16~レアルマドリード対アタランタ 2nd leg

1st Legは1-0でマドリーが先勝。だが無観客でアウェーゴールがある分アウェーチームの方が有利なので、油断はできない。エルチェ戦の3バックにモドリッチとクロースが先発復帰。カゼミーロのポジションにラモスが入った4-3-3とも捉えられる。
レアルマドリード

リーガエスパニョーラ20-21第26節エルチェ対レアルマドリード

アトレティコとの勝ち点差は8ポイントに 関連記事:リーガエスパニョーラ20-21第25節アトレティコ対レアルマドリード 前節のマドリードダービーでなんとか引き分けたマドリー。ミッドウィークに行われたアトレティコ対ビル...
レアルマドリード

リーガエスパニョーラ20-21第25節アトレティコ対レアルマドリード

天王山 関連記事:リーガエスパニョーラ20-21第24節レアルマドリード対ソシエダ 遂にアトレティコとの優勝を占う大一番。前半戦での対戦は「監督がゲームプランを間違えた。byシメオネ」のおかげでマドリーの楽勝に終わっ...
レアルマドリード

リーガエスパニョーラ20-21第24節レアルマドリード対ソシエダ

既に試合が終了したアトレティコとバルセロナは共に勝利。週末にアトレティコとの直接対決があるが、相手の方が消化試合が少ない事を考えると、優勝するためには勝つしかない状態。アタランタ戦からヴィニシウスが外れて、マリアーノが入っただけ。それ以外は一緒。ベンチにロドリゴ、バルベルデ、マルセロ、オドリオソラが復帰。