スポンサーリンク
スポンサーリンク

FF8シナリオ考察~リノア=アルティミシアってマジ?!

日記・IT・雑学
スポンサーリンク

FFシリーズで賛否両論のⅧ(8)

 

関連記事:クロノトリガーとクロノクロスの繋がりを考察『FF8 リマスタード』の発売が決定。3倍速やバトル強化の新機能も搭載。ロマサガ2の七英雄と古代人の考察~追憶の迷宮で明らかになった真実【悲報】FF8のリマスター版…キャラは綺麗だが背景の画質が悪くて不評

 

 

私は音楽に出会うまでは、実はけっこうゲーマーだった。それこそファイナルファンタジーシリーズはかなり時間を費やした記憶がある。

今の所、プレーしたファイナルファンタジーシリーズは4から10-2までで、最後のX-2はつまらな過ぎて「コリャあかんわ(笑)」と思って初めて途中で挫折した(笑)

 

そんな私が一番好きだったのはFF8なのだが、この作品は結構賛否両論あるみたいで、中には黒歴史扱いする人もいたりする。実際セールスは7よりも落ちているし、8が不評で9があまり売れなかったという見方もある。

 

8のシステムが他のFFシリーズに比べると特殊なのは事実。

自分のレベルを上げると相手のレベルも上がるとか(これは戦闘回数に比例して相手が強くなるロマンシングサガ2に近い)、MPという概念がなく魔法はドロー(吸収みたいなもの)でストックした数だけ使えるというシステムである。

そしてその魔法を各パラメーター(力とかHPとか魔力)にジャンクション(装備するみたいなイメージ)すれば、能力が爆上げされ、低レベルでもクリア可能である。

終盤はスコールの最終奥義である「エンドオブハート」発動ゲーになるが、斬新なバトルシステムは非常に魅力的であった。

 

cap202.jpg

 

今までのRPGだとレベルを上げ、お金を貯め(8では給料制)、武器を購入(8では改造になる)してパーティーを強化していくが、8ではそういうRPGでの定番パターンをブチ壊したという意味ではかなりの問題作と言える。

しかし自分の好きなように能力をエディットできるという自由度は魅力であり、当時私は非常に興奮した覚えがある。

スポンサーリンク

FF8のストーリー

 

※ネタバレになる要素があります。

私がFF8を好きな最大の理由はシナリオにある。

おおまかに説明すると、seedという組織(魔女を倒すために作られた組織)に属する主人公スコール(いわば傭兵みたいなもの)が未来からやってきた魔女アルティミシアと戦うというシンプルなモノなのだが、これがよく練られているのだ。

実は「魔女は誰かに魔女の力を継承させないと死ぬことができない」というルールがある。そして8の世界には4人の魔女が登場する。この4人を時系列に沿って並べると、

 

①アデル(昔の魔女で悪人。スコールの父親ラグナが封印)
②イデア(スコールの育った孤児院を経営している親的な存在、後にseedを立ち上げる。基本的に善人だが操られて悪人に)
③リノア(スコールの恋人で善人)
④アルティミシア(未来の魔女、超悪人)

このようになる。

 

紆余曲折あって最後にスコールはアルティミシアを倒すわけだが、当然アルティミシアにも「魔女の力を継承させないと死ぬことができない」ルールが適用されるわけで、アルティミシアは過去にタイムスリップして若い頃のイデアに魔女の能力を継承するのだ。そしてイデアは来る未来に備えてseedを発案する…。

 

cap199.jpg

 

つまり魔女の力がループしているという事になる。リアルタイムでプレイした時は幼かったため、このシナリオの深さが理解できていなかった…。

もしかして8=∞インフィニティという意味で無限ループなのか?いや、それはさすがに深読みか(笑)

つまりスコールは時間のループの中に魔女の力を封印する事に成功したという話なのだが、現代では魔女のリノアがこの後どうなったかは明らかにされていない。つまり上の表で言うと、③リノア~④アルティミシアの間の魔女の力の継承についての過程は作中で描かれていないのだ。

 

「あれっ、リノアってこの後どうなるんだっけ?」と思って、色々と調べてみたら。「リノア=アルティミシア」という説がチラホラ。

スポンサーリンク

リノア=アルティミシアはスクウェアの遊び心?

 

正直、リアルタイムでプレイした時は全く「リノア=アルティミシア」とは思わなかった。

ただそう考えると、よりシナリオの深みが増すのは事実。「スコールが倒した未来の魔女アルティミシアは自分の最愛の恋人リノアだった…。」と考えると色々と考えさせられる。

 

リノアの性格を考えると「魔女の力を他人に継承させるなんて私にはできない!」とか言いそうで、個人的に「ありそうだなぁー」と思ってしまう。誰にも力を継承させず、生き永らえる内にダークサイドに人格をのっとられてアルティミシアになってしまい、アルティミシアの人格の片隅にいるリノアが「最愛の男に殺されたい」と願って過去に戻ろうとした…。

こう考えると泣けません?スターウォーズで言うと、アナキン・スカイウォーカー=ダースベイダー的な…。実際リノアは「もし悪い魔女になったらスコールに殺してほしい。」みたいな発言をしているし。

 

他にも「リノア=アルティミシア」を匂わせる場面は色々ありまして。

①EDで、リノアとアルティミシアを意図的に重ねているカットがある。
②魔女の中で羽毛の翼を持ってるのはリノアとアルティミシアだけ(リノアが白でアルティメシアが黒) 。OPでリノアは白い羽毛から登場、ラストでは黒い羽毛から出てくる。アルティミシア最終形態を倒したとき、白い羽毛が舞っている。

 などなど。

 

cap200.jpg

 

上の2枚はオープニングムービーの一場面で黒い羽が降る中リノアとスコールが出会うシーン。

 

黒い羽=アルティミシアの象徴

何かそう考えると、邪推してしまう意味深なシーンである(笑)。

スポンサーリンク

しかしディレクターの北瀬氏は…

 

しかし下の動画でFF8ディレクターを務めた北瀬氏は「リノア=アルティミシア」を否定している。(動画の1:00~)

 

 

 

私の見解だが、「リノア=アルティミシア」はシナリオの本筋には含まれていないが、「ファンがそう推測できるように遊び心でヒントを散りばめて作ったのではないか」と思っている。だってエンディングでリノアのアップにアルティミシアを重ねるって、そう解釈しないと辻褄が合わんと思うんだよな~。(下の画像がそのシーン)

 

cap193.jpg

 

リノアがアルティミシアであろうとなかろうと、FF8のシナリオの素晴らしさは変わらないし、発売から約20年経っても、未だに議論がなされるようなゲームを作り上げた当時のスクウェアは素晴らしい。