機材レビュー

スポンサーリンク
音楽・DTM

ミックスしてたら、Amplitube4よりBIASの方が音ヌケが良い件

ミックス時にAmplitubeでレコーディングしたギタートラックが全然ヌケてこない。エンハンサーやEQでブーストしたりして、色々と策を講じたわけだが、それでもヌケてこない。「アンプヘッド+キャビネットシミュレーターで録り直すしかないか...」と思ったのだが...
音楽・DTM

Addictive Drums2のUnited Popが中々使える件

UADのプラグインにあるocean wayのスタジオで録られたモノだったのね。たぶんアンビエンスの録音状態が他のADpakより良いと踏んでるんだが、まあ詳しい事はよくわからん。個人的にはOHとRoomを多めにした設定が好みです。
音楽・DTM

定番リバーブ、IRCAM Verb Sessionのレビューと比較音源

8つのプラグインを収録したIRCAMのStudio Session Packが49$という破格の値段で売ってたので、秒速で購入しました。お目当ては定番リバーブプラグインのVerb Session。今回はWavesのH-Reverbとの比較音源をつくってみた。
音楽・DTM

strymonからアンプ・キャビネット・アンビエントシミュレーターのIridiumが発表

strymonからアンプシミュレーター兼キャビネットシミュレーター兼ルームアンビエントシミュレーターのIridiumが発売。あんまり知られてないが、定番リバーブペダルであるstrymon Big Skyにはキャビネットシミュレーターが付属していたので、ついに本格的なヤツを出してきたかって感じ。
音楽・DTM

T-RacksとAmplitubeのLeslieの違いを検証(比較音源)

今回はT-RacksとAmplitubeでそれぞれ発売されているロータリースピーカーシミュレーターの「Leslie」がどう違うのかの検証を。検証方法としては、ギターでライン録りした同じ音源に対して同じ設定で後掛けして比較して行きたいと思います。
音楽・DTM

Amplitube4とダイムバックダレルモデルでジャズコを比較(音源あり)

グループバイで無料で貰ったダイムバックダレル(Dimebag Darrell CFH Collection)のジャズコ(Jazz Amp 120CFH)について。ジャズコ(Roland JC-120)については説明不要の定番アンプだが、実は同じジャズコがAmplitube4にも収録されている。
音楽・DTM

IK のT-RackSテープマシーンシミュレーターのレビュー(音源あり)

今回のIK multimediaのグループバイで持ってなかったamplitubeのバンドル(メサブギー、オレンジ、ダイムバックダレルモデル、レスリー、アンペグ2など)とT-Racksの新作であるテープコレクションなどを無事無料でゲットできた。
音楽・DTM

Hughes & KettnerからBlack Spirit 200のフロアタイプが発売

ほう...ケトナーのヘッドのフロアタイプが発売ねぇ...。CLEAN、CRUNCH、LEAD、ULTRAの4チャンネルを搭載。背面にはRED BOXが付いており、ライン録音にも使える。スイッチが7つあり、7つのプリセットを瞬時に切り替えられる。
音楽・DTM

ボーカルの音抜けを改善!エンハンサー「Waves Vitamin」(音源アリ)

エンハンサーというのはトラックに倍音を付加してくれるプラグインなのだが、ボーカルが「前に出て来ない・音ヌケが悪い」なんて時に使うと有効。この「Vitamin」をボーカルに使うとボーカリストの吐息・ハスキー感というか、声のシャガれた感じを自然な感じで強調出来る。
音楽・DTM

Massive X…動作は軽くて音も良いが、使い方がわからん(音源アリ)

早速Native accessからダウンロードして使ってみたが、音質はかなり良い。1と比べてもハッキリ違いがわかる。音の傾向としてはDUNEに近いかな?SERUMとは音の傾向が違う感じ。一応自分も軽く音を作って試し弾きしてみた。音質の良さは伝わるのではないだろうか?